女性専用の風俗に驚愕

判断のポイントは「時間」です

残業があるのはどの会社員も同じだと思うんですけど、それ以上に大変なのが終電じゃないですかね。さらには自分の場合はサービス業ということもありますので、遅番の時は定時でさえ終電の一本前なんです。残業したら帰宅出来ないんですよ(苦笑)そんな時間なだけに、じゃあ仕事帰りに風俗で遊ぼうって思っても難しいのが現状…でした。過去形なのは、風俗店まで行って遊ぶのは難しいけどデリヘルなら特に問題がないってことに気付いたからなんですよ。デリヘルなら電話すれば相手が来てくれるじゃないですか。ということは、別にこちらがそこまで気を使うことはないんです。ポータルサイトでもいいですし、お店のホームページでも良いんですけど電話番号が分かるものを見つけて電話するだけで楽しめるんです。それならもうデリヘルさえあれば十分というか、現実的な時間の問題を考えると、遊びたいならデリヘルしかないんです。だから最近はデリヘルが多いですね。

なぜ風俗は面白いのかといえば、自由だから

風俗は何もかも自由ですが、それが面白さの秘訣なんじゃないのかなって思います。自由ということは、特定の誰かだけが楽しめるものではなくて人それぞれ自分が思う楽しさを満喫すれば良いってことじゃないですか。それだけに、風俗で遊ぶならそれなりにいろいろなことを考えるのが良いんじゃないのかなって。むしろそこも含めて「風俗の魅力」なんじゃないのかなって思うんですよね。女の子と直接絡んでいるだけが風俗の楽しさではなく、誰にしようかなとか、女の子を見てこの子とどんなプレイをしようかなと頭の中で考えるだけでも興奮があるんじゃないですかね(笑)むっつりスケベと言うことではなく、男としていろいろな妄想をするのは決して悪いことではないと思いますし、むしろいろいろと考える方がそれはそれで楽しいものなんじゃないのかなって思いますので、風俗で楽しむのであれば、そういったことまで含めて楽しみたいって気持ちがあるんですよね(笑)