女性専用の風俗に驚愕

原動力は好奇心

風俗で遊びたいって思う原動力はやっぱり好奇心ですね。どんな女の子なんだろうとか、どんなジャンルなんだろうとか、自分でもっともっと楽しみたいって気持ちがあるんですよ。だから風俗で遊ぶのは楽しみですし、どうしようかとポータルサイトやホームページで考えるのも好きです。特にポータルサイトはいいですね。どんなジャンルがあるのかが見えてくるじゃないですか。ポータルサイトを見ていると、これは体が一つでは足りないんじゃないかなと思うくらい、好奇心が刺激されるんです(笑)まだまだ自分の知らないものがたくさんあるし、好奇心を刺激されるものも多いんですよね。イメージというか、イマジネーションまで膨らませてもらっているんだなって思ったら、風俗の世界は男の何かを刺激するだけのものを持っている世界なんだなってことに気付かされますし、実際に遊んでみて、本当に素晴らしい世界なんだなってことにいつも驚かされるんですよね(笑)

デート?風俗でいいです

女の子とデートをしたいという欲求は強がりではなく、これっぽっちもありません。ワガママに付き合うこともないでしょう。自分が求めているのは女の子じゃないんです。女体なんです。女の子との時間を過ごしたいんじゃなくて、性的に満たしてもらえる女体を欲しているんです。それはつまり、デートよりも風俗の方が自分の理想ってことです。わざわざ自分を押し殺すどころか、面倒だなとか興味が無いなって思うことを頑張るよりも、むしろ風俗の方が自分の欲求に対してピンポイントなんじゃないかなって思うんですよね(笑)だから風俗で遊んでいるくらいの方が実際の所かなり気軽と言うか、自分でも全然気を使うこともなければ、それこそ風俗で費やすお金の方がプライベートでデートして使わされるお金よりも全然安上がりなんじゃないかなって思うし、風俗は人間関係が続くわけじゃないんです。こうして考えれば考える程、デートなんかよりも風俗の方が良いなって思いますね。