女性専用の風俗に驚愕

楽しいからこそ、つい前のめりに

風俗に対して少々前のめりになっているなとは自分でも思っているんです。でもこれは仕方ないんです。だって楽しいじゃないですか(笑)つまらないものなら前のめりにならないようにって思うことなく、自然と遠のくと思うんですよね。楽しいものだからこそ、ついつい前のめりになってしまうのは仕方ないことなんです(笑)そう割り切って、自分のペースで楽しませてもらっています。そんなに深く考える必要がないというか、とりあえず女の子を選んでおけばそれだけでも楽しいのが風俗だと思いますので、その中でどうするのかってことを自分なりに良くよく考えるようにしているんです。それくらいの方が、結局は無駄にならないというか自分でももっと楽しい時間を満喫出来る。そんな確信を持っていますので、風俗では前のめりになるくらいの方が丁度良いんじゃないのかなって思って自分なりに割り切って楽しむようにしていますけど、それがまたいいんですよ(笑)

気後れをしたのは珍しいかもしれない

こっちがお客と言う立場は良く分かっているつもりですい、更に言えば相手の風俗嬢はこちらに対してそこまで感情移入していないというか、あくまでもお客を満足させるというスタンスなだけなんです。それが分かっているからこそ、風俗で気後れするようなことはそうそうないんですけど、この前指名したRさんには気後れしてしまいました。あれだけの美人だとは思っていなかったというのもありますけど、オーラと言うんですかね。見た目だけじゃなくてその他の部分も含めてとても魅力的だったんですよね。そんな彼女を見たら、こっちの気持ちはどんどん盛り上がってしまいました。そして、これはもっと楽しまないとなって気持ちになっていったんですよね(笑)だって気後れしていてももったいないじゃないですか。でもいつもより少し遠慮気味と言うか、あれだけ美人を目の前にしたら自分でもやっぱり緊張してしまうのは、それだけ相手が好みだったからこそなのかなって。